展覧会詳細

公募展「マイヤー×信楽大賞 日本陶芸の今-伝統と革新」入賞・入選作品

開催日

 今年度陶芸の森では、開館以来初めての公募展となる日米共同企画の展覧会「マイヤー×信楽大賞 日本陶芸の今-伝統と革新」を開催します。この企画はアメリカ・ミシガン州と滋賀県の姉妹友好交流を契機とした取り組みで、近年アメリカで注目を集める日本陶芸の「今」を、フレデリック・マイヤーガーデンズ&スカルプチャーパーク(以下マイヤーガーデン)とともに紹介します。展覧会は9月から1月までアメリカ・マイヤーガーデンで開催され、3月に日本・陶芸の森に巡回します。

 開催に先立ち出品作品を募集したところ、31都府県から285点の応募がありました。5月14日(木)に最終選考となる第二次審査会を開催。日米の審査員が技術・完成度や表現力、独自性といった観点から審査し、入賞・入選作品26点を決定しました。伝統的技法による器から土の造形まで、日本陶芸の今を紹介するに相応しい作品が選考されました。

 入賞者には、大賞5,000米ドル、金賞3,000米ドル、銀賞3,000米ドルの賞金を授与。また副賞として、マイヤーガーデンで催される開会式に招待されます。

 

大  賞

作品名  金銀彩八角陶筥 “笹音”(きんぎんさいはっかくとうばこ“ささおと”)

作者名  織田阿奴(おだ・あど)  滋賀県甲賀市

制作年  2014年(平成26年)

サイズ    高13.8×幅21.0×奥21.0(cm)

略 歴   1947年 福岡県福岡市生まれ  67才

      1995年 第4回国際陶磁器展美濃’95(岐阜/多治見市)《銅賞》

      2007年 第35回新作陶芸展(東京/日本橋三越本店)《日本工芸会賞》

      2012年 第1回茶の湯の現代―用と形―(東京/智美術館)《奨励賞》

09_笹音

金  賞

作品名  擬態化(ぎたいか)

作者名  秋永邦洋(あきなが・くにひろ)  兵庫県尼崎市

制作年  2014年(平成26年)

サイズ    高55.0×幅30.0×奥96.0(cm)

略 歴   1978年 大阪府大阪市生まれ

      2001年 第39回朝日陶芸展(愛知/名古屋丸栄ほか)《奨励賞》

      2012年 第14回岡本太郎現代芸術賞展(川崎市岡本太郎美術館)

      2013年 第58回ファエンツァ国際陶芸展(イタリア/ファエンツァ)

33_擬態化

銀  賞

作品名  accessories(あくせさりーず)

作者名  大石早矢香(おおいし・さやか)  大阪府茨木市

制作年  2015年(平成27年)

サイズ    高45.5×幅35.0×奥19.0(cm)

略 歴   1980年 京都府亀岡市生まれ

      2007年 京都府美術工芸新鋭選抜展2007 新しい波(京都府京都文化博物館)

      2013年 2013京展(京都市美術館)

      2014年 第43回長三賞常滑陶業展(愛知/INAXライブミュージアムほか)《長三賞》

40_accessories

陶芸の森特別賞

 本賞は滋賀県立陶芸の森が日本陶芸の可能性を探り、その発展に寄与することを目的に設けた賞です。
 受賞者には創作研修館で研修・滞在制作するための奨学金350,000円が授与されます。

作品名  TWINS-for Maple in Minneapolis(ついんず-ふぉ・めいぷる・いん・みねあぽりす)

作者名  中田ナオト(なかだ・なおと)  東京都町田市

制作年  2011年(平成23年)

サイズ  高58.0×幅65.0×奥50.0(cm)

略 歴  1973年 愛知県岡崎市生まれ

      2008年 The House展-現代アートの住み心地(東京/日本ホームズ住宅展示場)

      2010年 DANDANS at No Man’s Land(東京/旧フランス大使館)

      2011年 アーツチャレンジ2011(愛知県芸術文化センター)

naotonakada_twins(front)

入 選 者

細川政己・樽田裕史・小林勇超・石山哲也・久保田厚子・兼行誠吾・小川宣之・武村和紀

長岡千陽・田中陽子・白木千華・*廣田忠美・津守愛香・松村淳・山田晶・田中豊・谷野明夫

徳丸鏡子・高橋生華・黒川徹・瀬津純司・津守秀憲

 *廣は「广」に「黄」

応募概要

作   品 285点

応 募 人 数 212人(平均年齢40.7才 最年少11才・最年長81才)

性   別 男性116人(55%) 女性96人(45%)

住   所 ①滋賀33人 ②京都30人 ③愛知18人 ④東京16人 ⑤大阪15人など