今後の展覧会

10月1日日曜日より開催 !!
特別展
粋な古伊万里-江戸好みのうつわデザイン

 
開催日2017年10月1日(日)〜2017年12月17日(日)
滋賀県立陶芸の森陶芸館

 今から約400年前の17世紀初頭に、肥前有田(現:佐賀県西松浦郡有田町)で日本初の磁器が生み出されました。伊万里港から各地に向けて積み出されたことから「伊万里焼」と呼ばれます。17世紀中頃には中国陶磁の代替品としてヨーロッパに向けて海外輸出がはじまりました。その作風は中国陶磁の影響を色濃く受けていましたが、次第に日本独自の意匠も生み出され、国内外に流通するようになります。日本国内では、初期には高価な磁器は主に上層階級に使われていましたが、次第に都市部を中心に庶民層にも広がりをみせ、19世紀には… [>続きはこちら]

飯碗と茶の器展

 
開催日2017年11月11日(土)〜2017年12月3日(日)
滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー

和食を彩るほくほくのご飯とあたたかいお茶をいただくために 信楽で活躍する陶芸作家たちが作陶した、この地ならではの様々な飯茶碗・湯呑み茶碗を展示・販売いたします。

平成30年・信楽焼の干支(戌)展

 
開催日2017年12月9日(土)〜2018年1月14日(日)
滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー

信楽で生産・作陶された来年の干支(戌)を展示・販売いたします。

信楽焼の動物展

 
開催日2018年1月20日(土)〜2018年3月18日(日)
滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー

たぬきの置物で名を馳せる信楽の地で、在住する陶芸作家たちが、動物をモチーフにした個性豊かな置物・うつわを展示・販売いたします。

特別企画
ジャズ・スピリットを感じて… 熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展

 
開催日2018年3月10日(土)〜2018年6月17日(日)
滋賀県立陶芸の森陶芸館

 戦後の前衛陶芸は、新しい時代へ向けた情熱に満ちた作家たちの時代でした。その中で熊倉順吉は、ジャズや、アート、手仕事のあたたかみ等に注目し時代精神を受け止めながら、多彩な作品を生み出していきました。  本展覧会ではクラフトデザインの盛り上がりの中、産地信楽で多くの刺激を受け、新しい時代を追い求めた倉順吉の器や陶芸作品を紹介します。さらに彼の熱い精神に触れ、21世紀を問い直そうとする現代の若手作家たちの作品も併せて展示します。   熊倉順吉 「作品」 1950年代後半制作 観覧料 一般=… [>続きはこちら]