展覧会詳細

好評展覧中 !!
アーティスト・イン・レジデンス企画展
武村和紀 - Growing 響 -

開催日2017年4月29日(土)〜2017年6月11日(日)
滋賀県立陶芸の森陶芸館ギャラリー

4.29-6.11takemura_exhibit-topbanner

 滋賀県立陶芸の森は美術館と滞在型スタジオを備えた、全国でも数少ないやきものを専門とする文化施設です。アーティスト・イン・レジデンス展は、公募で選考されたゲスト・アーティストの成果発表を目的とする展覧会です。

 今回は京都府在住の作家・武村和紀氏が、2016年5月から9月にかけて創作研修館に滞在し制作した作品を紹介します。
 武村和紀は“構造とフォルムの関係性”を主題に、手捻りで独自の造形を追究している作家です。その特性は〈Growing〉というタイトルが示すように、土が生き物のように成長してゆくイメージを、形象化した造形にあるといえるでしょう。とくに幾つものユニットが連なりフォルムとなる幾何学構造の作品は、彼の造形思考を象徴する取り組みです。

 作品に向き合う客観的な思考と土への感情。理知的でありながら有機的な側面を併せもつ武村の造形は、双方が互いにシンクロし紡ぎ出した情景なのかもしれません。フォルムとシルエットが独特の雰囲気を醸し出す姿には、その狭間でゆらめく彼の心情が認められます。本展では、作品を核に響き会うさまざまなイメージを取り込む空間構成に挑みます。

 

武村和紀作品

 

会 期

平成29年4月29日(土)~6月11日(日)

オープニングセレモニー&アーティストトーク : 平成29年4月29日(土)14時より開催予定
(於:陶芸館ギャラリー)

〔開館時間〕

9時30分~17時まで(入館は16時30分まで)

〔休 館 日〕

月曜日

〔入 場 料〕

無料

会 場

滋賀県立陶芸の森 陶芸館ギャラリー

略 歴

武村 和紀 TAKEMURA, Kazuki

1986年 岐阜県中津川市生まれ

2007年 第45回朝日陶芸展 ’08奨励賞

2009年 愛知教育大学生涯教育課程造形文化コース 卒業

2011年 愛知教育大学大学院教育学研究科美術科内容学領域修了

2012年 京都府立陶工高等技術専門校成形コース修了

2016年 マイヤー×信楽大賞「伝統と革新-日本陶芸の今」

2016年 滋賀県立陶芸の森創作研修館ゲスト・アーティスト

2017年 国立台南芸術大学(台湾)にて滞在制作

【個 展】

東京/ 三重/目黒陶芸館 京都/アートスペース感 など

【パブリックコレクション】

兵庫陶芸美術館