イベント詳細

MIHO MUSEUM & 陶芸の森 教育関係者対象 夏季研修会2017 「センス・オブ・ワンダー 美術館からの発信ーきっかけは、本物との出合い!」参加者募集のお知らせ

開催日2017年8月7日(月)
2017年8月10日(木)
MIHO MUUSEUM滋賀県立陶芸の森

 今年の研修プログラムは、MIHO MUSEUMでは、学習のねらいに応じた授業づくりの美術館側の創意工夫お話と、特別展『雪村 奇想の誕生』にあわせて、画僧・雪舟の魅力のお話と水墨画ワークショップを行います。
 また陶芸の森においては、体を使って土と向き合うプログラムや課題を抱えた子どもちへの支援の事例報告、子どもたちとの関わり方の実践研究の発表とワークショップ を行います。

特別展『雪村 奇想の誕生』

日 時

The Sense of Wonder-1日目
平成29年8月7日(月曜日) MIHO MUSEUM

The Sense of Wonder-2日目
平成29年8月10日(木曜日) 陶芸の森

参加費

MIHO MUSEUM:無料・水墨画ワークショップ参加費別途=500円
陶芸の森:無料・作品焼成希望者は焼成代として1,000円~

日 程・内 容

The Sense of Wonder-1日目:MIHO MUSEUM

9:30~ 受付開始(MIHO MUSEUM 美術館棟入口)
10:00~ 挨拶・スケジュール説明(南館レクチャーホール)
10:10~ 『学習のねらいに沿った芸術体験授業    美術館の創意工夫を紐解きます』
MIHO MUSEUM 学芸部長 畑中 章良
教育普及担当 上田 敦、佐藤 実真
ナビゲーター 滋賀次世代文化芸術センター 副代表 津屋 芙未
12:00~ 昼食休憩、館内自由見学
13:00~ ギャラリーツアー 夏季特別展『雪村 奇想の誕生』
MIHO MUSEUM 特任学芸員 片山 寛明
14:00~

ワークショップ「『雪村』の水墨画にチャレンジ!」
講師:書道家 西口 青咲(せいしょう)氏

15:30~ まとめ(南館レクチャーホール)
16:00~ 終了・解散~16:30 館内で自由見学していただけます。

2017senseofwonderimg001

The Sense of Wonder-2日目:陶芸の森

9:00~ 受付開始(信楽産業展示館入口)
9:30~ 挨拶・スケジュール説明
9:40~ 『子どもたちの心がひらく・・・学びの現場から』
助言者 河口 眞佐男 氏(滋賀大学教職大学院 教授)

〇事例報告 草津市立老上小学校・老上西小学校での連携授業
「不登校児童への土を素材とした実践」
報告者 伊庭 靖二 氏(草津市立笠縫東小学校校長)
「体を使って土と遊ぶ!」報告者 宮本 ルリ子氏
(陶芸家、世界にひとつの宝物づくり実行委員会)

〇実践研究「子どもの輝く瞳を見たくて~子どもたちから教えてもらったこと」
発表者 吉岡美代子 氏
(元甲賀市適応指導教室指導員、自立就労支援施設パレット・ミル指導員)

11:30~ 昼食休憩
12:30~ ワークショップ①「よい関係になるために」(傾聴・リフレーミング実習)
研修講師:吉岡 美代子 氏
13:45~ ワークショップ②「土に触れて 心で感じて」(粘土セラピー・作品制作)
実技講師:陶芸家 宮本ルリ子 氏
粘土セラピー後、自由に作品制作活動(希望者のみ焼成可)
15:30~ 解 散(希望者は特別企画展「十人陶色~豊かな色の世界」、関連展示、薪窯 等自由見学)
※関連展示「子どもたちの土の造形展 コミュニケーションを楽しみながら作品制作」


2017senseofwonderimg002

主 催

MIHO MUSUEM, 滋賀県立陶芸の森/世界にひとつの宝物づくり実行委員会
滋賀次世代文化芸術センター

後 援

滋賀県教育委員会、甲賀市教育委員会、草津市教育委員会、大津市教育委員会、守山市教育委員会、滋賀県博物館協議会

応募締め切り

平成29年7月30日(日)まで

申し込みは、下記のPDF文書をダウンロードして
参加内容項目に記入していただき、
MIHO MUSEUMファックス(0748-82-2834)にてお申し込み下さい。

2017senseofwonder-applyformimg