展覧会詳細

5月12日(日)から6月9日(日)信楽産業展示館ギャラリーにて開催しました。
しがらきから吹いてくる風~日・台交流展~

開催日2013年5月12日(日)〜2013年6月9日(日)
会場信楽産業展示館

 2011年から2012年にかけて社会福祉法人しがらき会が単独で取り組んだ「しがらきから吹いてくる風」展は、台北市をはじめ台中市、嘉義縣など台湾の5会場で開催することができました。各会場では多くの方に観賞して頂き、大きな感動と共に障がい者の作り出す芸術品を広く理解してもらうことができました。
 今回はその報告を兼ね「滋賀県立陶芸の森信楽産業展示館ギャラリー」で交流展を開催します。台湾からも作品と共に作家さん達がやってきます。この交流展が楽しい催しになることと、今後の交流に繋がることを期待します。

社会福祉法人しがらき会 理事長 林 晋

 「しがらきから吹いてくる風」は日本から台湾に吹いてきて、また台湾から日本に吹いてきました。これらの作品は彼らのいのちと家族の思いを結びつけ、誠実な心は国境を越えました。
  中華民国智障者家長総会(親の会)は初めて台湾から知的障がい芸術家29名の作品を日本に持って来ました。
 彼らが集中して創り出し、自信満々な態度で自分の作品のそばに立っている姿を見るたびに、父親としてこの子たちを誇りに思います。台湾から日本、そして日本から世界各地、私たちは知的障がい芸術家の才能を是非世界の人々に見て頂きたいと決意を新たにしました。

中華民國智障者家長總會 理事長 楊 憲忠


exhibit-scene-001

exhibit-scene-002

exhibit-scene-003

展示風景