終了しました

David Helmers「Animal matter in enchanted space」
2月20日(水)~2月28日(木)

  • 期間:
    2019年02月20日(水) - 2019年02月28日(木)
  • 場所:
    会場 FUJIKI(陶芸の森地域連携拠点)
  • 入場料:
    無料
  • 主催:
    公益財団法人滋賀県陶芸の森

概要

現在、陶芸の森アーティスト・イン・レジデンスにスタジオ・アーティストとして参加している、デイヴィッド・ヘルマーズ氏の作品展示をFUJIKIで開催します。

 私はセル構造を利用して制作を行っている。この構造は、部分同士が相互依存することで形を築いている。そこから生まれたのがバイオモルフィック(生物学的形態)の作品で、人間が置かれている脆さと、一体化したときの強さの両面を表現している。
 近年では私は、自らの安全を守るために私たちが構築した障壁についての政治問題にも従事しているので、それは住居の如く子宮という意味合いも含んでいる。
 鑑賞者人がじっくりと時間をかけて、成長と停滞の間にあるラインについて自問自答しながらよく考えてくれるなら、私の作品は成功といえると感じている。物事の営みの限界はそのラインから生じるのだ。

 私は、見るためのオブジェを作るよりも、見る人には空間を味わってもらいたいと思っているので、インスタレーションに興味を持ち続けてきた。
 卒業時に、陶作品のインスタレーションを壊し、セラミックの作品をポリウレタンで成形した。ポリウレタンの扱いには成功したものの、金属で成形した作品はポリウレタンほどうまくいかなかった。何年もかけて実験を繰り返したが、人間に適した大きさの作品を組み立てられるほど軽いものを作ることはできなかった。
 目標達成はかなわなかったものの、自分の芸術を極限まで高める取り組みのおかげで、自分なりに満足のいくプロセスを習得することができた。それは、私が楽しく取り組めるものであり、それが秘める可能性を見ていて嬉しくなるものだ。

今、自分の作品をみると、技がつまったピースには熟考が不可欠だと感じる。
(作家応募資料より引用)

出品作家

 David Helmers(デイビッド・ヘルマーズ) オーストラリア在住 

オープニング・レセプション:2月23日(土)15:00~

会期

 平成31年2月20日(水)~28日(木)10時~17時(最終日は16時まで)

会場のご案内

FUJIKI(陶芸の森地域連携拠点)〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野903-1
http://www.facebook.com/fujiki.shigaraki/

会場に駐車場はございませんので、信楽地域市民センター駐車場をご利用ください。