もうすぐ開催!

2021年度ゲスト・アーティスト
永井麻紀子/NAGAI, Makiko
アーティスト・トーク 12月9日(木)

  • 期間:
    2021年12月09日(木)14:00~16:00
  • 場所:
    会場 管理棟 視聴覚室

 

陶芸の森では現在ゲスト・アーティストとして永井麻紀子氏をお迎えしています。
私の作陶のテーマは、「色と遊び」です。立体表現の作品においては、おもに独自の
紐づくりの「マキ族シリーズ」に取り組んでおり、この作品群では自分の名前、マキ
という名の架空の民族
をイメージし、その精神を表現しています。
もともと幼少期から絵や工作が好きで、絵を描く仕事に就きたいと思っていました。
高校卒業後
は上京してファッションイラストの学校へ。在学中より勤務していた舞台
衣装を製作するデザイ
ン事務所では柔軟な発想が求められました。布の素材、織り方
の違い。さらに染めたりペイント
したり刺繍したりその裏地を使ったり・・・。この
経験で、原色だった自分の世界が、無限で繊
細な色彩のグラデーションを持った世界
に変化したように思います。

作陶を始めるきっかけはモザイクタイルです。東京から多治見に移住し、初めはタイ
ルを使った
デザインをしていたのですが、だんだんタイルそのものを作りたくなり、
素材から知りたいと思
い、意匠研究所に入所しました。

私にとって作陶の魅力とは、土と釉薬の可能性を引き出す楽しさです。微妙な条件の
違いによっ
て結果が変わるし、窯から出た時の色を想像しながら、一期一会である楽
しさ。テクスチャーや
釉の性質には無限の奥深さがあると思います。それと、土を触
ると嘘がつけず、素の自分が出て
しまうのが不思議で面白いと思っています。他の人
の作品からもそれを感じるのですが、自分と
は何者かということとじっくり向き合う
ことが出来るのも私にとって作陶の魅力です。

(永井氏の応募資料より)

当日は永井氏が陶芸の森で制作した2mの大型作品もご覧いただけます。

※事前の申し込みは必要ありません。当日直接ご来園ください。

開催日時:令和3年12月9日(木) 14:00~
会  場:滋賀県立陶芸の森(管理棟 視聴覚室、創作研修館 スタジオ)

14:00~15:00  永井麻紀子 アーティスト・トーク
15:00~     質疑応答、創作研修館見学

※インスタグラムでライブ配信をします。
 アカウントをフォローして当日ご覧ください。
 →air_sccp

永井麻紀子/NAGAI, Makiko

福岡県北九州市出身
2000 セツ・モードセミナー卒業
2018 多治見市陶磁器意匠研究所第15期セラミックスラボ修了
現在、岐阜県多治見市内にて制作

<感染症対策について>
◎マスクを着用されていない方、発熱・咳などの風邪の症状がある方は、来園をご遠慮ください
◎屋内外問わず、できるだけ他の人と一定の距離(1~2m程度)を保っていただくようお願いします。
◎各館の入館時には、入口に手指消毒用アルコールを設置していますので、必ずご利用ください。また、非接触型体温計で検温をお願いする場合があります。
◎万が一、感染者が発生した場合に速やかに連絡が取れるよう、入館時に連絡先の記入をお願いします(氏名、居住市町村、電話番号等)。