展覧会詳細

特別企画
「世界の形象土器」展

開催日2018年6月24日(日)〜2018年9月24日(月)
滋賀県立陶芸の森陶芸館

展示概要

 世界の国々でつくられている土器は、自然の中の精霊や祖霊、あがめられている動物をうつわの模様や造形の一部に表現し、その土地の素材である粘土や独特の手法によって制作されています。それらには、人々の暮らしの中の祈りにも似た願いが込められており、これらの形象土器はそれぞれの国の特徴を示す芸術であるといえるでしょう。

 本展覧会では、1990年の現地調査を経て収集したアジアのインドネシア、オセアニアのパプアニューギニア、南米のメキシコ、ペルー、ガテマラなどの世界各地の形象土器の数々を展観します。

 

""
パプアニューギニア アイボム村
「サゴヤシ澱粉貯蔵用壺」 1990年頃

 

""
パプアニューギニア アイボム村
「皿」 1990年頃

入場料 一般:500円(400円)
高大生:380円(300円)
中学生以下無料
※( )内は、20人以上の団体料金
ギャラリートーク 8月12日(日)・9月23日(日)
各日とも13時30分より~