展覧会詳細

特別展
「信楽に魅せられた美の巨匠たち」

開催日2018年10月6日(土)〜2018年12月20日(木)
滋賀県立陶芸の森陶芸館

展示概要

 中世古窯以来の伝統を誇り、焼締め陶をはじめ多彩なやきもの文化が育まれてきたた陶郷・信楽。近代陶芸の巨匠・富本憲吉、現代陶芸の開拓者として活躍した八木一夫や熊倉順吉、また絵画や彫刻の世界で活躍した岡本太郎など。長年人々の生活を支え続けてきた歴史や技術への興味や関心から、この地を訪れた作家も少なくありません。彼らはどのような経緯で信楽を訪れ、どのような仕事を手掛けてきたのでしょうか。
 本展では、そうした作家たちの取り組みをたどりながら、信楽のやきものの新たな魅力を探ります。

 

""
富本憲吉 
「土焼鉄描銅彩大和風景大皿」
1929年制作 個人蔵

 

""
北大路魯山人 書「樂山樂水」 1925〜1939年 個人蔵

入場料 一般:700円(560円)
高大生:500円(400円)
中学生以下無料
※( )内は、20人以上の団体料金
ギャラリートーク 10月28日(日)・11月11日(日)
各日とも13時30分より~