展覧会詳細

「Louise Cort’s point of view ルイズ・コートの視点-海外に初めて信楽焼を紹介した研究者-」

開催日2018年3月10日(土)〜2018年6月17日(日)
滋賀県立陶芸の森陶芸館ギャラリー

 オックスフォード大学大学院で東洋美術史を学んだルイズ・コートは、修士論文のテーマとして日本のやきものを選び、1967年に日本を訪れる。
東京の美術館で、中世の信楽焼の大壺と出合い、すっかり感激する。その後、何度も信楽に足を運び調査研究の成果を論文にまとめ、『Shigaraki, Potter’s Valley』(Kodansha International,1979)を出版し、いち早く信楽焼の魅力を海外に発信する。彼女が初めて信楽を訪れた1968年から50年。
 本展では、ルイズ・コートが撮影した当時の信楽の貴重な写真を彼女の文章とともに展示し、その眼差しを振り返る。

信楽の50年前の風景

入場料 無料