お知らせ詳細

福井県陶芸館にて「“うつわ”ドラマチック」巡回展、開催中! 

うつわドラマチック展 in 福井陶芸館

福井県陶芸館にて「“うつわ”ドラマチック」巡回展、開催中! 
信楽と同じく、日本六古窯のひとつ越前焼の里で、当館の企画による国内外の現代陶芸作家を集めた展覧会を開催されています。

【概要】

 やきものの“うつわ”は、世界各地でつくられ暮らしの中で用いられています。
 “うつわ”とは、まさにやきもののシンボルであるといえるでしょう。また、現代の陶芸において“うつわ”は、用途を離れやきものの美を表現するテーマのひとつになっています。
イギリスでは用と美の融合を探求したバーナード・リーチらを先駆けとし、ルーシー・リーに続く作家たちは、使う器から、魅せる“うつわ”へとその美の領域を広げていきました。戦後の国々がたどったそれぞれの道筋、そしてつくり手たちの個性、これが “うつわ”の中に、さまざまな違いを持ちながら映し出されています。
 “うつわ”とは、グローバル化の時代の中で、国々の陶芸の特徴が浮き彫りになるテーマでもあるでしょう。“うつわ”の中に追い求めたつくり手たちの美は、ひとつの作品としての存在から、
うつわをとりまく空間へと、陶芸の可能性や魅力を押し広げています。
 本展では、世界の陶芸家たちが極めたドラマチックな“うつわ”の数々をご覧いただきます。

【会期】令和元年10月5日(土)~12月22日(日)
【主催】福井県陶芸館
【会場】福井県陶芸館
 〒916-0273 福井県丹生郡越前町小曾原120-61
    Tel 0778-32-2174、Fax 0778-32-2279
【観覧料】大人:800円 小中高生と70歳以上:300円 未就学児:無料
【企画協力】滋賀県立陶芸の森

詳細は、福井県陶芸館ウェブサイトで!!