展覧会詳細

開催中 !!
アーティスト・イン・レジデンス企画展
「Hello, Ceramic World+82」

開催日2018年10月6日(土)〜2018年12月16日(日)
滋賀県立陶芸の森陶芸館ギャラリー

 滋賀県立陶芸の森創作研修館は、全国でも数少ない公立のアーティスト・イン・レジデンス施設です。これまで、さまざまな国籍のアーティストが集い、共同のスタジオで、互いに刺激し合いなから、日本有数のやきもの伝統の地信楽で、制作活動を展開してきました。現在滞在中のアーティストも、国際色豊かなこの場で、やきものというフィールドを通して、互いの異なる文化を学び、理解と認識を深めながら、友好関係を築いています。
 この展覧会では、今年度同時期にゲストとして滞在制作した、韓国籍アーティストたちの成果をご覧頂きます。李朝朝鮮時代からの伝統をもつ陶磁器、満月壺(ムーンジャー)を手掛ける李秀鐘(イ・スジョン)。サムルノリという伝統楽器を用いた、現代音楽の調べにあわせて甕(オンギ)を制作する李康孝(イ・ガンヒョウ)。また、若い頃からアメリカで西洋文化に親しんできた呂宣九(ヨー・サングー)は、独自の人物表現を展開しています。現代の韓国の若者の心情を代弁する作品の制作を続ける趙光勳(チョウ・カンフン)。制作の原点は縄文土器にあるという、日本で生まれ育った金理有(キム・リユ)。
 韓国の現代陶芸は日本と同様に、個人の美意識や世代などにより、多種多彩な展開をみせています。そして、今後はどのような展開を見せてゆくのでしょう。本展では韓国の現代陶芸を担う5人のアーティストが、創作研修館で滞在制作した作品を紹介します。彼等の作品から、交流の足跡や韓国陶芸の未来の一端を、感じていただければと考えています。
 また、現在滞在するアーティストの、制作の現場についてもご覧いただければ幸いです。

【内 容】

創作研修館で制作された作品の展示

【主 催】

滋賀県立陶芸の森

【出品作家】

李秀鐘(イ・スジョン)REE Soo jong

李康孝(イ・ガンヒョウ)LEE Kang hyo

呂宣九(ヨー・サングー)YUH Sun koo *アメリカ在住

金理有(キム・リユ) KIM Ri yoo *日本在住

趙光勳(チョウ・カンフン)CHO Kwang hun

【展示作品】

Moon Jar/李秀鐘(イ・スジョン)REE Soo jong

The sky/李康孝(イ・ガンヒョウ)LEE Kang hyo

呂宣九(ヨー・サングー)YUH Sun koo
※写真は実際に展示される作品と異なります。

金理有(キム・リユ) KIM Ri yoo
※写真は実際に展示される作品と異なります。

MEDITATION/趙光勳(チョウ・カンフン)CHO Kwang hun

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

会期 平成30年10月6日(土)~12月16日(日) 72日間
〔開館時間〕 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
〔休 館 日〕 月曜日
入場料 無料