没後60年 特別展「北大路魯山人 古典復興-現代陶芸をひらく-」

2019年09月14日(土)~ 2019年12月01日(日)
  • 期間:
    2019年09月14日(土) - 2019年12月01日(日)
  • 場所:
    滋賀県立陶芸の森 陶芸館
  • 観覧料:
    一般  800円(640円)/高大生 600円(480円) 中学生以下無料 *( )内は20人以上の団体料金
  • ギャラリートーク:
    10月13日(日) 11月10日(日) 各日とも13時30分から(1時間程度)

展示概要

 大正から昭和戦前期にかけて、中国、朝鮮および日本の古陶磁に注目する陶芸家たちが現れました。北大路魯山人(1883-1959)は、美食に対する関心から「料理の着物」としての作陶に向かいます。それは単なる食器づくりではなく、茶道を基軸とするわが国の伝統に触れ、一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となりました。魯山人の制作は、絶えず同時代の陶芸家たちを触発しました。

 本展では魯山人を中心に同時代の陶芸家たちの作品、また彼らが学んだ中国、朝鮮、日本の古陶磁もあわせて展示し、現代陶芸の礎となった昭和時代を展望します。

""

北大路魯山人「色絵雲錦大鉢」
1940(昭和15)年
八勝館蔵

""

八木一夫「信楽大壺」
1966(昭和41)年
栁澤コレクション蔵