信楽窯業技術試験場移転記念展
ジャパン・スタイル-信楽・クラフトデザインのあゆみ

2022年03月05日(土)~ 2022年06月09日(木)
  • 期間:
    2022年03月05日(土) - 2022年06月09日(木)
  • 場所:
    滋賀県立陶芸の森 陶芸館

  • 入場料:
    一 般 600 円(480 円)、高大生 450 円(360 円)、中学生以下無料 *( )内は 20 人以上の団体料金
  • 主催:
    滋賀県立陶芸の森、滋賀県工業技術総合センター信楽窯業技術試験場、京都新聞
  • 後援:
    滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局
  • 協力:
    公益財団法人日本陶磁器意匠センター

 世界的なコロナ禍を転機に、人々の暮らし方への関心が高まりつつあります。日常に癒しや寛ぎを求めようとする意識の変化にともない、生活空間のなかで今、手仕事の温かさと土の魅力を活かした普段づかいの〈うつわ〉のデザインが人々の注目を集めています。
 〈デザイン〉という言葉が広く知られる契機は、1957 年にはじまるグッドデザイン商品選定制度にありました。同時に国際競争力の強化を目指したデザイン振興施策が相次いで打ち出され、日本独自の美意識を活かした〈ジャパン・スタイル〉が探求されています。
 こうした動向のなか、クラフトデザイン運動の指導者として国内の陶産地で活躍したのが日根野作三(1907-1984)でした。現在の信楽窯業技術試験場を拠点に展開した、日根野のデザイン指導を通して、陶産地信楽のモノづくりは新しい活路を見出してゆきます。
 日根野や熊倉順吉(1920-1985)の指導で、産地が一体となり火鉢低迷の苦境を乗り越えたあの頃。本展では、朝の連続ドラマでも記憶に新しい、活気に満ちた当時を振り返りつつ、いま信楽で話題の作家たちを紹介。新時代を予感させる〈うつわ〉を提案します。

展示構成

下記のテーマから作品約100件・資料30件を紹介

<Section1> 戦後クラフトデザインのあけぼの〈1945-1955〉

転写禁止

滋賀県立窯業試験場・富本憲吉絵付
「鉄描銅彩「富貴」字火鉢」
1951年

<Section2> 陶磁デザイナー・日根野作三との出会い

転写禁止

滋賀県立信楽窯業試験場(デザイン=日根野作三)
「灯籠」
1959年

<Section3> 産地の挑戦-試験場とクラフトデザイン運動

転写禁止

滋賀県立信楽窯業試験場(デザイン=八木一夫)
「干支(寅)」
1961年

<Section4> 出会いと交流のなかで-育まれた新たな息吹き

転写禁止

中郷窯・鈴木茂至
「一輪生」
1968年

転写禁止

川端陶器(デザイン監修=鈴木治)
「花入」
1970年代

<Section5> ニューノーマル時代-〈やきもの〉が彩る生活

転写禁止

大谷製陶所
「ボウル」
2020年

関連行事

①ギャラリートーク
 令和4年3月20日(日)・4月24日(日)・5月22日(日)各日 13:30~

②対話の森
 「産地のクラフトデザイン-やきもの×デザイン×暮らし」  無料  事前申込

     パネリスト 館長 松井利夫ほか *調整中
     日時    5月で日程調整中 14:00~15:30
     会場    滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館 信楽ホール
     定員    50人(申込先着順) ※定員になり次第締め切ります