GUEST ARTISTゲスト・アーティスト(公募)

令和2年度(2020年度) 
ゲスト・アーティストの募集について

陶芸の森 創作研修館では、陶芸家を志す方、豊富な知識と活動実績を持つ陶芸家、美術家の方々に、「創作の場」を提供する、アーティスト・イン・レジデンス事業を実施しております。このアーティスト・イン・レジデンス事業では、平成30年度末までに53ヶ国、延べ1200人超の陶芸家、美術家を受け入れてきました。
平成20年度より、お招きするゲスト・アーティストの一部について公募制を取り入れ、若手作家への活躍の場の提供として位置づけています。
応募される方は、下記の要項を読まれた上でご応募いただければ幸いです。

平成31年度(2019年度)ゲスト・アーティストの募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募要項

1.募集人員
ゲスト・アーティスト 2名程度

2.対象
応募の時点で、20歳以上の陶芸家、美術家

3.滞在期間
令和2年(2020年)4月1日(水)~令和3年(2021年)3月31日(水)の期間中、1ヶ月以上~1年未満
※令和2年12月29日から令和3年1月4日までの期間は冬季休園期間のため、滞在中の作家に関しましても、期間中は一時離館をお願いしております。

4.応募締切
募集期間:令和元年(2019年)9月1日(日)~10月31日(木)午後5時
募集締切:令和元年(2019年)10月31日(木)午後5時
結果通知:令和元年(2019年)12月28日(土)まで
発  表:令和2年3月までに陶芸の森ウェブサイト等にて発表。

5.応募方法
下のリンクより、掲載されている手順に従ってご応募ください。
スタジオ・アーティストとゲスト・アーティストの両方に応募を予定している場合は、それぞれのリンクから、スタジオ・アーティストとゲスト・アーティスト両方に応募してください。

募集期間は終了しました。(2019.10.31 17:00)

 

6.選考
ゲスト・アーティストの選考は、外部有識者を含めた選考委員会にておこないます。

7.条件
(1)謝金
1回の招聘に付き、年間限度額20万円を、規定に基づいてお支払いいたします。

(2)旅費
在住地から信楽間の往復の旅費1回分を当方の規定により支給いたします。
海外在住の場合は、最寄りの空港から関西国際空港までの旅費を当方の規定に基づき支給します。

(3)原材料費
作品の制作に要する原材料について、10万円を上限として当方で負担致します。

(4)窯使用料
窯使用料及び燃料費として、11万円を上限として当方で負担致します。

(5)作品
完成した作品のうち2点を公益財団法人滋賀県陶芸の森に寄付願います。
作品の選定については、職員との合議とさせていただきます。

(6)作品展示
滞在中または滞在終了後に、陶芸の森にて作品の展示を行なっていただく場合があります。
また、スライドレクチャーやワークショップ等、一般の方を対象にした講義をおこなっていただく場合があります。

8.滞在費
宿泊費 25,100円 / 1ヶ月(希望する場合)
寝 具 3,720円 / 1ヶ月(希望する場合)

利用料金の見直しに伴い、令和元年10月1日より上記の利用料金に改定されます。
部屋に備え付けのエアコンを使用した場合、滞在終了時に使用分の経費を別途請求いたします。

応募から滞在まで

1.応募
申請を受け付けますと応募者に確認メールが自動送信されます。
※確認メールを受け取りますと申請終了です。
※確認メールが受信できない場合は〔応募時の注意事項〕をご参照ください。

2.選考
ゲスト・アーティストの選考は、外部有識者を含めた選考委員会にておこないます。

3.結果通知
令和元年12月28日(土)までに、応募者本人宛に選考結果の通知を文書及びメールにて送付いたします。

4.日程調整
選考の結果、ゲスト・アーティストとして承認された方は、創作研修課の職員と電話またはメールにて日程調整を行ないます。
スタジオや宿泊施設の状況で、必ずしも第一希望の滞在期間での滞在とはいかない場合がありますが、ご容赦ください。

5.書類
日程調整が終わり次第、応募者に「創作研修証明書」等の書類を発行いたします。

6.滞在開始
各自、調整済みの日程にて滞在していただきます。

応募時の注意事項

1.提出していただいた資料をもとに、ゲストアーティストの選考をおこないます。
できるだけ詳しく記入をおこなってください。

2.研修希望期間は必ず第三希望まで記入してください。

3.ウェブ以外からの応募をお考えの場合、陶芸の森 創作研修課までご連絡ください。

 

◎申請がうまくいかない場合、次の事由が考えられます。以下を確認の上、再度応募をお願いします。

1.ポートレート、作品写真等、すべての画像データの容量は1.5MB以下にしてください。

2.ポートレート、作品写真、PDFファイル等、すべてのデータのファイル名は英数字とハイフン (-)、アンダーバー(_)、ピリオド(.)のみとしてください。

3. スマートフォンやタブレット端末からの申請にて、エラーが相次いでおります。パソコンからご応募くださいますようお願い申し上げます

お問い合わせ

応募の際、不明な点等ありましたら、以下までご連絡ください。
また、ゲスト・アーティストに応募をお考えの方の質問や見学のお問い合わせも受け付けております。

滋賀県立陶芸の森 創作研修課
〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
TEL:0748-83-0909
FAX:0748-83-1193
E-mail:air.shigaraki@sccp.jp
件名に「アーティスト・イン・レジデンス問い合わせ」と明記してください。

公募によるゲスト・アーティストの招聘実績

平成31年度
Elliott Kayser(アメリカ)
フタムラヨシミ(日本/フランス在住)
秋永邦洋(日本)
竹内真吾(日本)
Valentyna Byero(ウクライナ)
米谷健+ジュリア(日本/オーストラリア)

平成30年度
金理有(日本)
大石早矢香(日本)
塩谷良太(日本)
若杉聖子(日本)
Sutthiprapha Pornphun Aor(タイ)

平成29年度
原菜央(京都府)
新里明士(岐阜県在住)
田中哲也(滋賀県在住)
安藤郁子(秋田県在住)
Vilma Villaverde(アルゼンチン)
Ashwini Bhat(アメリカ在住/インド)
Antonella Cimatti(イタリア在住)
Antja Scharfe(ドイツ在住)

平成28年度
マルタ・パッチョン(イタリア)
武村和紀(京都府)
リズ・ウィリアムス(オーストラリア)
ジョン・ペティージョン(フィリピン

平成27年度
矢部俊一(岡山県)
今野朋子(インドネシア在住)

平成26年度
町田佳子(フランス在住)
西田泰代& ヴラディミール・グロフ(チェコ在住)

平成25年度
キャサリン・サンドナス(アメリカ)+宮本ルリ子(滋賀県)
エリック・カオ(中華人民共和国)

平成24年度
黒川 徹(京都府)
桑田 卓郎(岐阜県)
平成23年度</ 吉村 敏治(京都府)

 

平成22年度
山村 幸則(兵庫県)
アグネス・フス(長野県)
アニー・ワン(香港)

平成21年度
池田 晶一(愛知県)
イングリッド・アリック(エストニア)

平成20年度
森野 彰人(京都府)