特別展「奇跡の土-信楽焼をめぐる三つの景色」

2020年10月03日(土)~ 2020年12月13日(日)
  • 期間:
    2020年10月03日(土) - 2020年12月13日(日)
  • 場所:
    滋賀県立陶芸の森 陶芸館
  • 観覧料:
    一般 700円(560円)/高大生 520円(420円)、中学生以下無料 ※( )内は20人以上の団体料金

展覧会概要

 中世の時代から始まる「日本六古窯」の一つとして知られる信楽焼。古琵琶湖層群が育んだ信楽の土からつくられた焼締陶器は、趣ある土肌、そして火色(スカーレット)や自然釉など唯一無二の景色が最大の魅力です。それは<奇跡の土>といわれる信楽の土にしか出せない<奇跡の景色>なのです。信楽焼の土と景色は日本の現代作家たちに常に刺激を与え、また海外においても注目されてきました。
 信楽焼を様々な角度からフォーカスしてきた陶芸の森が、「日本六古窯と信楽焼の景色」、「信楽焼とアメリカ陶芸」「信楽・焼締めの今」という三つの視点から、その魅力を見つめ直します。

 


""

蹲花入

室町時代後期(16世紀)

滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵

ギャラリートーク

2020年10月25日(日)
2020年11月22日(日)
各日とも13時30分から(1時間程度)

ワークショップ

『薪窯の魅力を語る会×薪窯ワークショップ』
2020年10月23日(金)・10月24日(土)