陶芸の森について

gaikan

 

滋賀県立陶芸の森は、やきものを素材に創造・研修・展示など多様な機能を持つ公園として、また、人・物・情報の交流をとおして地域産業の振興や新しい文化創造の場とするとともに、滋賀から世界へ情報を発信することを目的に整備され、平成2年6月に竣工、開設されました。

■管理運営

公益財団法人 滋賀県陶芸の森

■設立

平成2年4月1日

■事業

県民の陶芸に対する理解と親しみを深め、広く陶芸に関する交流の場とするために必要な事業を行うほか、滋賀県立陶芸の森の管理運営を行うことにより、県の陶器産業の振興と文化の向上に寄与することを目的に以下の事業をおこなっています。

1.県民に親しまれる施設運営に関する事業

  • 公園機能の充実
  • 施設開放

2.文化の向上と交流に関する事業

  • 展覧会開催事業
  • 創作事業(アーティスト・イン・レジデンス事業)

3.産業の振興に関する事業

  • 県内陶器産業の振興
  • 地域の観光拠点としての集客促進事業

4.企画事業 ・ミュージアムショップの運営

5.その他この法人の目的を達成するために必要な事業

基本財産 基本財産:三千万円

うち滋賀県出損:二千五百万円
うち甲賀市出損(旧信楽町):五百万円

■沿革と記録

昭和60年(1985年)4月 陶芸の森設置の検討(商工労働部商工課経済対策係)
昭和61年(1986年3月 滋賀県立陶芸の森整備基金条例の公布(基金10億円)
平成元年(1989年) 3月 建築工事着手
同年7月 公園工事着手
平成2年(1990年)4月 財団法人 滋賀県陶芸の森設立
同年6月竣工・開設: プレ世界陶芸祭開催(6月2日~6日)
平成3年(1991年)4月 世界陶芸祭開催(4月20日開幕)
同年5月 世界陶芸祭中止(5月15日閉場)
同年7月 平常業務再開(7月20日)
平成4年(1992年)7月 創作研修館でのアーティスト・イン・レジデンス事業開始
平成7年(1995年)10月 開設5周年記念シンポジウム

「今日のうつわを考える-用と美の対立を超えて」開催

平成13年(2001年)10月 開設10周年イベント開催
平成16年(2004年)10月 子どもを対象とした事業展開をはじめる。

(文部科学省主管の「こどもの居場所づくりキャンペーン」)

平成18年(2006年)4月 指定管理者制度に基づき財団法人滋賀県陶芸の森が滋賀県立陶芸の森の指定管理者となる。
同年6月 創立15周年記念特別企画展「信楽を訪れた594人の陶芸家たち展」を開催
平成24年(2012年)4月 公益財団法人滋賀県陶芸の森に移行