交通アクセス

信楽の里は、嶮崚な峡谷を縫って流れる大戸川を起点とした標高300mの緑豊かな内陸盆地です。あたりには今も、勅旨、宮町、内裏野など、みやびな地名が紫香楽宮の名残をとどめ、訪れる人に古代へのロマンを語りかけます。さらに、信楽焼のおおらかな表情は、かつての天領地が育んだ、ゆったりとした村人の人情をいまに伝えています。
近畿、中部、北陸の三圏を結ぶ滋賀。「陶芸の森」はそんな交通の拠点とも言える日本列島の中央に位置します。最寄駅は信楽高原鐵道「信楽駅」です。車なら名神高速道路、新名神高速道路、名阪自動車道からもお越しいただけます。


大きな地図で見る

 

陶芸の森前にあるこの看板を目指してご来場下さい。 sign1

 

■陶芸の森までアクセス

【広域地図

map

【周辺地図

surrounding_map

 

■交通機関

電車

  • 「JR草津駅」より
    草津線乗り換え「貴生川駅」下車、信楽高原鐵道乗り換え「信楽駅」下車、徒歩20分(約75分)

▶信楽高原鐵道の時刻表は、こちらをクリック

  • 信楽高原鐵道「信楽駅」より
    甲賀市コミュニティバス「陶芸の森前」または「陶芸の森(陶芸館前)」下車(約5分)

▶甲賀市コミュニティバスの時刻表は、こちらをクリック

  • 「JR石山駅」より
    帝産湖南交通バス「田上車庫行き」乗車、「田上車庫」で「信楽行き」に乗り換え「陶芸の森前」下車 (約70分)

▶帝産湖南交通バスの時刻表検索は、こちらをクリック

 

自動車

  • 京阪神方面から
    名神高速道路 草津JCT → 新名神高速道路へ「信楽I.C.」より約8分
  • 奈良・和歌山方面から
    西名阪自動車道 → 名阪国道へ「壬生野I.C.」より約30分
  • 名古屋方面から
    東名阪自動車道 亀山JCT → 新名神高速道路へ「信楽I.C.」より約8分

駐車場〈無料〉

普通車約250台、大型バス約10台